歯科金属・歯科用合金スクラップの精錬(分析)のご紹介

歯科金属(歯科スクラップ)の精錬・分析のご紹介。

■歯科金属スクラップ、歯科貴金属屑とは?

 

歯科金属スクラップ(撤去冠)

 

歯科金属スクラップ(研磨粉)

 

歯科金属スクラップとは、歯科治療の際に出る不要になった貴金属で、撤去冠(クラウン・インレーなど)や、除去冠です。一般的に知られている「金歯」や、「銀歯」を例に挙げますと、経年劣化により古くなった金属や、取り替えが必要な場合に廃棄・処分またはリサイクル処理されております。

 

このほか、歯科技工の際に発生する(研磨剤、削り粉、鋳造合金、キャスト屑)なども含まれます。これらのスクラップには、貴金属である金・銀・パラジウム・プラチナの4元素を有しており、廃棄・不要となったメタル(歯科貴金属スクラップ)は回収後、精錬・精製を行い、新たな歯科用金属(製品)として、再利用するための原材料として生まれ変わります。

 

歯科金属精錬(高炉にて溶解)

 

 

歯科金属製品とは歯科治療の際、歯全体を覆う冠による人工歯などのことです。冠は金パラ製品、金製品などの貴金属を加工して作成。これら以外にも銀合金、ニッケル合金製など、さまざまな貴金属製品が使用されます。口腔内での化学反応による変化が少ないため、これらの貴金属類は歯科科治療で欠かせません。

 

歯科金属12%金パラ(金銀パラジウム)歯科金属金合金(白金加金製品)

 

 

 

 

歯科金属スクラップを自社にて精錬・分析・精製迄を行い、取引は最短で当日決済を可能としている企業をご紹介。